ここから本文です
掲載日:2020年07月31日

事前の準備

「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」は、2020年8月開始予定です。
詳細は「【ヤマト運輸株式会社 輸送サービス】のご案内」のご案内をご確認ください。

このページでは、ヤマト運輸株式会社が提供する輸送サービスご契約の出店者様向け、サービス利用開始にあたり、事前にご準備いただきたい事項をご説明します。
ヤマト運輸株式会社とのご契約が完了後、サービス開始までに[1]から順に[8]までのご準備をお願いいたします。

[1]対象商品を決定する

[2]対象商品にバーコードを貼付する

[3]「送料」設定をする

[4]「配送スケジュール」を設定する

[5]「支払方法」を設定する

[6]「配送グループ」を設定する

[7]商品情報にバーコードを設定する

[8]商品情報に「配送グループ」をひも付ける

[1]対象商品を決定する

貴ストアお取り扱い商品の中で「ピック&デリバリーサービス」を利用する商品を決定ください。

「ピック&デリバリーサービス」対象商品に以下の作業をおこないます。

  • 商品在庫(商品実物)へのバーコード貼付
  • 商品データへ各種情報のひも付け


データ設定イメージ


ポイント「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」での制限
  • お取り扱い可能な商品は、宅急便の規格(160cm以内、25kgまで)に準じます。
  • お取り扱い可能な商品は、下記の制限金額以内の商品に限ります。
    ・宅急便:300,000円(税込)まで
    ・宅急便コンパクト:30,000円(税込)まで
    ・ネコポス:3,000円(税込)まで

[2]対象商品にバーコードを貼付する

[1]で決定した「ピック&デリバリーサービス」対象商品の在庫(商品実物)すべてにバーコードを貼付ください。

商材 バーコード
JJAN/ISBNコードの
ある商品
JAN/ISBNコードのままで利用可能です。
JAN/ISBNコードの
ない商品
出店者様のインストアコードを貼付ください。
重要設定にあたって
下記「インストアコード設定にあたってのご注意」をご確認ください。

インストアコード設定にあたってのご注意

インストアコードは、商品に貼付いただくだけでなく、商品情報にもひも付け設定をおこないます。
設定にあたり以下の制約がございますので、あらかじめご確認のうえ、システム登録可能なコード(半角英数字記号20文字以下)を設定くださいますようお願いいたします。

(1) 同一「商品ID」での
重複不可
同じ「商品ID」内、個別商品コードが複数ある商品の場合、それぞれに異なるインストアコードを設定ください。
[例]
カラーバリエーション(白/黒/グレー)のあるTシャツの場合、それぞれのカラーバリエーション(個別商品コード)ごとに異なるコードを設定ください。
(2) 右記記載の
入力可能文字列
のみで設定
半角数字 0~9
半角英字 a~z(小文字)、A~Z(大文字)
半角記号   -  .  $  /  +  %  *アスタリスク
(3) バイト数制限
以内で設定
コード全体が20バイト(半角20文字)以内に収まるように設定ください。

[3]「送料」設定をする

ポイント
[3]~[8]は、ストアクリエイターPro、ストアエディタでの設定です。

送料設定:手順1

「配送方法、送料設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
ストアクリエイターProトップページ「ストア構築」メニュー「カート設定」内の[配送方法、送料設定]を押下します。

「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」ご契約の出店者様は、「配送方法、配送スケジュール、送料」項目「配送方法(表示名)」No.16~18が自動で追加されています。

No.16:宅急便(ヤマト運輸)
説明「ピック&デリバリーサービス」における「宅急便」が利用された場合項目です。「配送方法(表示名)」、「配送会社」は固定です。出店者様による変更はできません。
No.17:宅急便コンパクト(ヤマト運輸)
「ピック&デリバリーサービス」における「宅急便コンパクト」」が利用された場合項目です。「配送方法(表示名)」、「配送会社」は固定です。出店者様による変更はできません。
No.18:ネコポス(ヤマト運輸)
「ピック&デリバリーサービス」における「ネコポス」」が利用された場合項目です。「配送方法(表示名)」、「配送会社」は固定です。出店者様による変更はできません。

各「配送方法(表示名)」の「送料」の[設定]ボタンを押下し、送料を設定ください。
設定方法の詳細は下記マニュアルをご参照ください。
参照ツールマニュアル
カート:配送方法、送料設定
>>「配送方法と送料表の設定をする」

送料設定:手順2

「配送方法、送料設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
送料設定完了画面が表示されたら[配送方法、送料設定トップ]ボタンを押下します。

繰り返し「送料設定」を行い、No.16~18のすべての送料設定を完了させます。
お役立ち
  • No.1~15にNo.16~18と同一の「配送方法(表示名)」が設定されている場合、「配送スケジュール」などでの設定ミスが発生する可能性がありますので、No.1~15を別の名称に変更くださいますようお願いいたします。
  • すべてのお取り扱い商品で「ピック&デリバリーサービス(No.16~18)」のご利用を想定の場合も、No.1(デフォルト設定)項目の設定は必要です。
  • 「ヤマト運輸 輸送サービス」でお取り扱い可能な制限金額を超えたご注文の場合、商品出荷の処理(トータルピック完了処理※別ページ)時にエラーとなります。
    (お客様の「カート画面」で上限金額を超える場合は、No.1(デフォルト設定)項目に設定されている「配送方法」がお客様に表示されます。)

[4]「配送スケジュール」を設定する

配送スケジュール設定:手順1

「配送方法、送料設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
「送料」の設定が完了したら、次に「配送スケジュール」を、No.16~18それぞれに設定します。

設定を行う「配送方法(表示名)」の「配送スケジュール」項目の[編集]ボタンを押下し設定します。

配送スケジュール設定:手順2

「配送方法、送料設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
「お届け希望日の設定」項目は、いずれの配送方法の場合でも[表示する]固定です。
出店者様による変更はできません。

「お届け希望時間帯の設定」項目は、「宅急便(ヤマト運輸)」「宅急便コンパクト(ヤマト運輸)」は[表示する]、「ネコポス(ヤマト運輸)」の場合は[表示しない]固定です。
「ネコポス」時のサンプル画像
出店者様による変更はできません。

「宅急便(ヤマト運輸)」の場合
「宅急便コンパクト(ヤマト運輸)」の場合
・お届け希望日の設定…[表示する]固定
・お届け希望時間帯の設定…[表示する]固定
「ネコポス(ヤマト運輸)」の場合
・お届け希望日の設定…[表示する]固定
・お届け希望時間帯の設定…[表示しない]固定

上記を確認後、「お届け希望日設定」項目内にある、「最短お届け希望日/きょうつく・あすつくの設定」の[編集]ボタンを押下します。

配送スケジュール設定:手順3

「配送方法、送料設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
「最短お届け希望日/きょうつく・あすつくの設定」画面が開きます。

「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」ご契約の場合、「最短お届け希望日/きょうつく・あすつくの設定」内、「最短お届け希望日の注文締切時間」項目以外は自動設定されています。
自動設定項目は出店者様による変更はできません。
上記項目のみ、出店者様による設定が必要です。

表示された画面で、各都道府県ごとの「最短お届け希望日の注文締切時間」を設定します。
初期設定は、全都道府県の注文締切時間が「24:00」となっています。必要に応じて、変更ください。

繰り返し「配送スケジュール設定」を行い、No.16~18のすべての「最短お届け希望日の注文締切時間」設定を完了させます。
参照ツールマニュアル
カート:配送方法、送料設定
>>「配送スケジュールを設定する」

[5]「支払方法」を設定する

支払方法設定:手順

「配送方法、送料設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
「配送スケジュール」の設定が完了したら、次に「支払方法」をNo.16~18それぞれに設定します。

設定を行う「配送方法(表示名)」欄の[編集]を押下し「カート設定-配送方法設定」ページを開きます。

ストア全体で使用できる「支払方法」が左側の「支払方法一覧」に表示されます。
選択した「配送方法(表示名)」にひも付けたい「支払方法」を右側へ[追加]し[設定]を押します。

重要「代引き支払い(コレクト)」について
  • 「代引き支払い」については、ヤマト運輸株式会社とのコレクト利用契約がない出店者様は設定いただけません。ご注意ください。
  • 「代引き支払い」をご利用の場合は、商品代引き(payment_d1)をご利用ください。
    payment_e1~e15でお支払い分類を代引に設定したとしても「ヤマト運輸」からは代引きと認識されません。
お役立ち
左右への移動で使用可否の変更、上下への移動で表示順の変更が可能です。

[6]「配送グループ」を設定する

配送グループ設定:手順

「配送グループ設定」画面
「配送方法、送料設定」画面
「配送方法(表示名)」No.16~18それぞれに、[3]送料設定、[4]配送スケジュール設定、[5]支払方法の設定が完了したら、次にNo.16~18「配送方法」を「配送グループ」へひも付けします。

「配送グループ」設定するため、ページヘッダーのタブからページ切り替えをおこないます。[カート設定]メニュー[配送グループ設定]をクリックします。

「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」ご契約の出店者様は、「配送グループ設定」項目「配送グループ名」No.21~25に「ヤマト運輸配送グループ」が5つ、自動で追加されています。

「ヤマト運輸配送グループ」の[編集]ボタンを押下し、「配送方法選択」に表示されているヤマト運輸 輸送サービス専用の配送方法を選択、設定ください。操作詳細は下記マニュアルをご参照ください。
参照ツールマニュアル
カート:配送グループ設定
>>「配送グループを設定する」
設定する「配送グループ名」 ひも付けする「配送方法」
21 ヤマト運輸配送グループ1 「配送方法、送料設定」画面にて設定した、「配送方法(表示名)」のNo.16~18のいずれかを含めた状態で「配送グループ」を設定します。
  • No.16:宅急便(ヤマト運輸)
  • No.17:宅急便コンパクト(ヤマト運輸)
  • No.18:ネコポス(ヤマト運輸)
ポイント
上記以外(ヤマト運輸ピック&デリバリーサービス以外)の「配送方法」選択も可能ですが、上記がいずれも含まれていない場合はエラーとなります。
22 ヤマト運輸配送グループ2
23 ヤマト運輸配送グループ3
24 ヤマト運輸配送グループ4
25 ヤマト運輸配送グループ5

[7]商品情報にバーコードを設定する

[2]で商品実物に貼付したバーコードの情報を商品データに登録します。
ストアエディタで個別の商品に設定する場合と、商品データベースファイル(CSV形式)を利用し複数商品にまとめて設定する場合をそれぞれ説明します。

[7-1]商品ごとにバーコード情報を設定する

[7-2]複数商品にまとめてバーコード情報を設定する

[7-1]商品ごとのバーコード情報設定:手順1

商品ごとのバーコード情報を登録は、ストアエディタ「ページ編集」メニューで行います。
ヘッダーメニューの[商品・画像・在庫]タブを押下ください。

遷移したページで「ページ編集」タブが選択されているのを確認し、画面左カラムの「サイトマップ」からバーコードを設定したい商品ページを選択します。
メインカラムに編集したいページが表示されているのを確認し、[編集]をクリックします。

表示された「ページ編集」画面上部が[基本情報]のタブであることを確認します。


[7-1]商品ごとのバーコード情報設定:手順2

バーコードを設定したい商品が「個別商品コード(サイズ・カラーなどのバリエーション)を設定しているか否かで設定画面が異なります。

個別商品コードの設定なしの場合(サイズ・カラーなどのバリエーションなし)

商品ページ「ページ編集」
商品ページ「ページ編集」
「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」ご契約の出店者様は、[基本情報]タブ内「送料・その他」欄に「バーコード情報」欄が追加されています。

「バーコード情報」に、[2]で商品実物に貼付したバーコード(半角英数記号20文字以下)を入力し、保存、反映ください。

個別商品コード設定ありの場合(サイズ・カラーなどのバリエーションあり)

商品ページ「ページ編集」
商品ページ「ページ編集」
個別商品コードを登録している商品の場合、[基本情報]タブ内「在庫設定にひもづくオプション・発送日情報設定」項目の「在庫タイプ」が[個別商品あり]が選択された状態になっています。
この[個別商品あり]欄の[個別商品設定(サイズ・カラーなどのバリエーション設定)]ボタンを押下します。

「個別商品設定(サイズ・カラーなどのバリエーション設定)」ページが開きます。
「ヤマト運輸株式会社 輸送サービス」ご契約の出店者様は、「手順3」の表内に「バーコード情報」欄が追加されています。

「バーコード情報」に、[2]で商品実物に貼付したバーコード(半角英数記号20文字以下)を入力します。

引き続き、[8-1]の作業を行うので、保存、反映をせず、[8-1]に進みます。

ポイント
「個別商品コードの設定がある商品」の場合、すべての個別商品コードにバーコード設定が必要です。

[7-2]複数商品まとめてバーコード情報設定:手順

複数の商品にまとめてバーコード情報を設定する場合、商品データベースファイル(CSV形式)の利用がおすすめです。

1 現在ストアに登録されている商品データをダウンロードします。
ヘッダーメニューの[商品・画像・在庫]タブを押下ください。遷移したページのヘッダー[商品管理]タブを選択します。
表示された「商品一覧」ページ左カラムの「商品管理メニュー」の「商品データ」の[ダウンロード]ボタンを押下し、任意のフォルダにダウンロードします。
参考マニュアル
2 ダウンロードした商品データベースファイルをエクセルなどで開きます。
商品名(フィールド名:name)、商品コード(フィールド名:code)、個別商品コード(フィールド名:sub-code)等を確認しながら、バーコード情報(フィールド名:pick-and-delivery-code)にバーコード情報(半角英数字記号20文字以下)を入力ください。
参考マニュアル

バーコード情報の入力が完了したら、引き続き[8-2]の作業を行うので、反映をせず[8-2]に進みます。


[8]商品情報に「配送グループ」をひも付ける

[3]~[6]、[7]にて設定した内容を、商品データにひも付けします。
ストアエディタで個別の商品に設定する場合と、商品データベースファイル(CSV形式)を利用し複数商品にまとめて設定する場合をそれぞれ説明します。

[8-1]商品ごとに「配送グループ」をひも付けする

[8-2]複数商品にまとめて「配送グループ」をひも付けする

[8-1]商品ごとの「配送グループ」をひも付け:手順

商品ページ「ページ編集」
商品ページ「ページ編集」
[7-1]で開いた画面内「送料・その他」欄、「配送グループ管理番号」で「配送グループ」のひも付けを行います。

商品に[6]で設定したヤマト運輸 輸送サービス独自の「配送グループ(No.21~25:ヤマト運輸配送グループ1~5のいずれか)」をひも付けします。

[7-1]バーコード情報入力、[8-1]配送グループ管理番号の選択が完了したら、[保存してプレビュー]を押下後、商品情報を反映ください。

ポイント
  • [6]の配送グループ設定が完了していない場合、No.21~25は設定できません。

[8-2]複数商品まとめて「配送グループ」をひも付け:手順

[7-2]で編集している商品データベースファイルを引き続き利用します。
商品に[6]で設定したヤマト運輸 輸送サービス独自の「配送グループ(No.21~25:ヤマト運輸配送グループ1~5のいずれか)」をひも付けします。

1 [7-2]で開いた商品データベースファイルで、商品名(フィールド名:name)、商品コード(フィールド名:code)、個別商品コード(フィールド名:sub-code)等を確認しながら、配送グループ(フィールド名:postage-set)に、[6]で設定した配送グループの管理番号(21~25のいずれか)を入力ください。

ポイント
  • [6]の配送グループ設定が完了していない場合、選択肢No.21~25は表示されません。
  • 「個別商品コードの設定がある商品」の場合、すべての個別商品コードにバーコード設定が必要です。
参考マニュアル
2 1で作成した商品データベースファイルをアップロードします。 参考マニュアル
3 ファイルのアップロードが完了したら、反映を行います 参考マニュアル



「ピック&デリバリーサービス」利用開始前の準備は以上です。
実際にご利用を開始する場合の手順は下記をご確認ください。

参照ツールマニュアル
ヤマト輸送サービス>ピック&デリバリーサービス>>「サービス利用の流れ」

ヤマト運輸サービス

よくある質問 素材集
本文はここまでです このページの先頭へ