ここから本文です
掲載日:2020年09月17日

カテゴリページを作成する

ここでは、ストア内カテゴリを新設する方法(カテゴリページの新規作成方法)について説明します。

ポイントカテゴリページの反映
カテゴリページ作成後、公開をおこなうには「反映」作業が必要です。
カテゴリページの反映は最大で約2時間かかる場合もございます。

動画「トップページとカテゴリページの設定」
トップページとカテゴリページの設定
お役立ち動画解説
「トップページとカテゴリページの設定」を解説した動画をご用意しております。
ぜひご活用ください。

※本マニュアルの掲載内容は、予告なく変更される場合があります。
※システム仕様に変更があった場合は、「ストアクリエイターPro」トップページでお知らせいたします。「ストアクリエイターPro」トップページを頻繁にご覧になることをおすすめいたします。


手順1

「カテゴリページプレビュー」画面
「カテゴリページプレビュー」
ストアクリエイターProトップページの「ストア構築」[ページ編集]をクリックし、さらに左カラム「サイトマップ」からカテゴリを追加したいペー ジを選択します。

お役立ち
カテゴリページを選択すると、選択したカテゴリ内に新しいカテゴリ(下層カテゴリ)が追加されます。トップページを選択すると、トップページのすぐ下にカテゴリが追加されます。

さらに、左カラム「ページ新規作成」の[カテゴリページ作成]ボタンを押します。

手順2

「カテゴリ編集」「基本情報」タブ
「カテゴリ編集」ページ
「カテゴリ編集」ページが表示されるので、「カテゴリ情報」の「カテゴリ名」に、全角20文字(40バイト)以内でカテゴリ名を入力します。
「カテゴリ名」を入力後、[保存してプレビュー]を押すと、新しいカテゴリページが作成されます。

ポイントカテゴリページ作成の最低条件
カテゴリページ作成時の最低条件は、上記「カテゴリ名」の入力です。その他の情報は後から入力、編集ができます。「カテゴリ名」以外の項目の詳細は「カテゴリページ:基本情報」のページをご確認ください。

参照ツールマニュアル
ページ編集>カテゴリページの編集
>>「カテゴリページ:基本情報」
よくある質問カテゴリページの作成カテゴリ数
Q.カテゴリは最大いくつ作成できますか
A.階層は8階層まで作成可能で、カテゴリの作成数の上限は12万までとなります。
ただし、サイドナビに表示できる「ストア内商品カテゴリ」パーツ内には40カテゴリまでの表示になります。
よくある質問カテゴリの表示順
Q.カテゴリの表示順序を変えたいのですが、どうすればいいですか
A.カテゴリの表示順序は以下の方法で変更できます。

1.ストアクリエイターProトップページ「商品・画像・在庫」の[カテゴリ管理]を選択します。
2.「カテゴリ一覧」ページが表示されるので、順序を変更したいカテゴリを選択し、[カテゴリ表示順序の変更]をクリックします。
3.「順序」欄に変更後の順序を入力し、[並べ替え]ボタンを押します。

※トップページ直下(第1階層)のカテゴリの表示順序を変更したい場合は、1.でトップページを選択します。
よくある質問カテゴリの配下にカテゴリを作成した場合の「ページ公開」状況
Q.非公開カテゴリの配下に作ったカテゴリで非公開になるものと、公開になるものがあります。どう違うのですか。
A. 基本、公開カテゴリ配下のカテゴリは「公開」となり、非公開のカテゴリ配下のカテゴリは「非公開」となります。

【例1】「公開」カテゴリの配下にカテゴリを作成した場合
        ■カテゴリA(公開)
        ┣カテゴリA-1(公開)
        ┗カテゴリA-2(公開)

【例2】「非公開」カテゴリの配下にカテゴリを作成した場合
        ■カテゴリB(非公開)
        ┣カテゴリB-1(非公開)
        ┗カテゴリB-2(非公開)

ただし、【例3】のように、「非公開」カテゴリの配下にCSVファイルのアップロードによりカテゴリを作成した場合は、配下のカテゴリが「公開」となります。

【例3】「非公開」カテゴリの配下にCSVアップロードでカテゴリを作成する場合
        ■カテゴリB(非公開)
        ┣カテゴリB-1(非公開)
        ┗カテゴリB-2(非公開)
        ┗(★CSVアップロードでココに「カテゴリB-3」を追加)


【例3の結果】上記の場合の「ページ公開状況」は下記となります。ご注意ください。
        ■カテゴリB(非公開)
        ┣カテゴリB-1(非公開)
        ┣カテゴリB-2(非公開)
        ┗カテゴリB-3(公開)
よくある質問カテゴリページ プレビューにおけるサンプルデータ表示
Q.カテゴリページのプレビュー画面で、実際の商品データとサンプルデータが混在して表示されます。サンプルデータはどのような時に表示されるのですか。
A.パソコン版カテゴリページのプレビュー画面では、以下の部分がサンプルデータ表示されます。

カテゴリで探す(設定したカテゴリ画像が表示されている場合)
カテゴリ画像を設定した場合、カテゴリ件数のみ、サンプルデータが表示されます。
カテゴリ件数には「***件」と表示されます。
カテゴリで探す(カテゴリ画像未設定の場合)
下位階層に商品をひも付けしていて、当該カテゴリにはカテゴリ画像を設定していない場合、サンプルデータが表示されます。
サンプル画像(「SAMPLE」「下位階層カテゴリの商品」の文字が入ったイメージ画像)および、カテゴリ件数に「***件」と表示されます。
商品リスト(実際の商品画像が表示されている場合)
実際の商品画像が表示されている場合、「ポイント数」「ポイント倍率」部分がサンプルデータ表示されます。
ポイントは、一律「***ポイント獲得」「ポイント***倍」と表示されます。実際お客様がご覧になるページでは、商品に設定したポイント数、ポイント倍率が表示されます。
商品リスト(サンプル画像が表示されている場合)
下位階層の商品が自動表示される場合、サンプルデータが表示されます。
サンプル画像(「SAMPLE」「下位階層カテゴリの商品」の文字が入ったイメージ画像)、商品名(商品+番号)、価格(、一律「9,999円(税込)」)、ポイント(一律「***ポイント獲得」「ポイント***倍」)、レビュー(一律、星5つ、レビュー件数「***件」)が表示されます。実際お客様がご覧になるページでは、下位階層の商品が表示されます。

ページ編集

よくある質問 素材集
本文はここまでです このページの先頭へ