ここから本文です
掲載日:2020年09月15日

カテゴリページパーツ:カテゴリリスト

【ご注意】
本ページで説明の機能は、2021年1月廃止予定です。
お早めに「新ストアデザイン」への切り替えを実施くださいますようお願いいたします。
「新ストアデザイン」に関するご案内 (実施概要、スケジュールのご確認)
「新ストアデザイン」対応のマニュアルよくある質問
「ストアデザイン」と「新ストアデザイン」の新旧パーツ比較一覧

ストアデザインをおこなうためのストア運営ツール「ストアエディタ」には、「かんたんモード」と「通常モード」という2種類の編集モードがあります。「通常モード」は、さまざまなパーツを組み合わせて、ストアページを作成できるので、デザインにこだわりたい方におすすめのモードです。
カテゴリページは、「通常モード」を選択している場合のみ編集できます。

このページでは、カテゴリページに配置される「カテゴリリスト」パーツの編集方法について説明します。 「カテゴリリスト」パーツは、カテゴリページの配下に「下位カテゴリ」がある場合、各「下位カテゴリ」へのリンクを表示させるパーツです。
「カテゴリリスト」パーツは、表示必須のため、取り外しはできません

「カテゴリリスト」編集画面を開く

「カテゴリリスト」を編集する

お役立ち「カテゴリリスト」パーツを配置できる場所
「カテゴリリスト」パーツは、カテゴリページのみに配置されています。トップページ、商品ページ、カスタムページなどの各ページと、共通領域のヘッダー、フッター、サイドナビには配置できません。

※本マニュアルの掲載内容は、予告なく変更される場合があります。
※システム仕様に変更があった場合は、「ストアクリエイターPro」トップページでお知らせいたします。
  「ストアクリエイターPro」トップページを頻繁にご覧になることをおすすめいたします。

「カテゴリリスト」編集画面を開く

手順1

「カテゴリページテンプレート設定」画面
カテゴリページテンプレート設定
ストアクリエイターPro「ストア構築」の[ストアデザイン]を選択します。

表示された画面左カラムの「ストアデザインメニュー」のページレイアウトから[カテゴリページ]をクリックします。

メインカラムが「カテゴリページテンプレート設定」画面に切り替わるので、設定をおこなうテンプレートを選択し、[編集]ボタンをクリックすると、「カテゴリページレイアウト設定」画面へ遷移します。

手順2

「カテゴリページレイアウト設定」画面
カテゴリページレイアウト設定
「カテゴリページレイアウト設定」画面の「デザイン編集」タブに表示されている[カテゴリリスト]をクリックすると、画面下部に「カテゴリリスト」設定項目が表示されます。

お役立ち
「デザイン編集」タブの画面イメージに[カテゴリリスト]が見当たらない場合、「パーツの並び替え」タブを選択し、[カテゴリリスト]を画面イメージへドラックで移動してください。 画面イメージ[カテゴリリスト]が移動した後、再び「デザイン編集」タブへ戻り、「デザイン編集」タブの[カテゴリリスト]をクリックします。
参照ツールマニュアル
ストアデザイン>通常モード:カテゴリページ
>>「カテゴリページパーツの並べ替えとデザイン編集方法」

「カテゴリリスト」を編集する

手順1

「カテゴリリスト」設定項目
「カテゴリリスト」は5つの表示タイプから選択できます。表示パターンを選択します。
パターンごとの表示例、仕様は「表示例と仕様」の項をご確認ください。

いずれのパターンを選択した場合も、「カテゴリ管理>カテゴリ一覧」ストアカテゴリ順に、約1,000件まで表示されます。
カテゴリの数が1,000件を超える場合や、リンク設定をしたカテゴリを多用している場合には、カテゴリ画像と商品件数が非表示になる場合があります。

カテゴリイメージ画像を設定している場合は、カテゴリ画像が表示され、未設定の場合は商品画像が自動で選択表示されます。
また、カテゴリ件数には、登録されている商品件数が表示されます。カテゴリに商品が1件も登録されていない場合は、カテゴリ自体が非表示となります。

ポイント表示数
ストアカテゴリは、8階層、12万件まで登録できます。
お役立ち
カテゴリを数百件作成している場合は、カテゴリ画像、カテゴリ件数が一部表示されない場合があります。

表示例と仕様

全タイプ
共通仕様
  • 「ページ編集」の「サイトマップ」で表示されている並び順でカテゴリが表示されます。
  • 「ページ公開」を「非公開」に設定しているカテゴリは表示されません。(※1)
  • 「カテゴリイメージ画像」を設定していない場合は、画像は表示されません。(※2)
  • どのタイプを選択している場合でも「ページ送りなし」で表示されます。
  • カテゴリ名は自動表示です。非表示にはできません。
  • カテゴリ名は省略されずに全文表示されます。

タイプ1 表示例
  • 大きな画像横に3カテゴリずつ表示され、カテゴリ名は画像の下に表示されます。
  • カテゴリ画像は縦横比はそのままで、縦132ピクセル、横132ピクセルに収まるようにサイズ調整されます。 縦横132ピクセル以内の画像の場合は、そのままの大きさで上下左右に余白が付き、132ピクセルで表示されます。
タイプ2 表示例
  • 大きな画像横に4カテゴリずつ表示され、カテゴリ名は画像の下に表示されます。
  • カテゴリ画像は縦横比はそのままで、縦132ピクセル、横132ピクセルに収まるようにサイズ調整されます。 縦横132ピクセル以内の画像の場合は、そのままの大きさで上下左右に余白が付き、132ピクセルで表示されます。
タイプ3 表示例
  • 小さな画像横に4カテゴリずつ表示され、カテゴリ名は画像の横に表示されます。
  • カテゴリ画像は縦横比はそのままで、縦76ピクセル、横76ピクセルに収まるようにサイズ調整されます。 縦横132ピクセル以内の画像の場合は、そのままの大きさで上下左右に余白が付き、76ピクセルで表示されます。
タイプ4 表示例
  • 小さな画像横に5カテゴリずつ表示され、カテゴリ名は画像の横に表示されます。
  • カテゴリ画像は縦横比はそのままで、縦76ピクセル、横76ピクセルに収まるようにサイズ調整されます。 縦横132ピクセル以内の画像の場合は、そのままの大きさで上下左右に余白が付き、76ピクセルで表示されます。
タイプ5 表示例
  • 大きな画像横に5カテゴリずつ表示され、カテゴリ名は画像の下に表示されます。
  • カテゴリ画像は縦横比はそのままで、縦132ピクセル、横132ピクセルに収まるようにサイズ調整されます。 縦横132ピクセル以内の画像の場合は、そのままの大きさで上下左右に余白が付き、132ピクセルで表示されます。

ストアデザイン

よくある質問 素材集
本文はここまでです このページの先頭へ