ここから本文です
掲載日:2019年08月02日

商品データベースをアップロードする

商品データベースファイル(CSV形式)を作成しアップロードすることで、ストア内の商品データを一括更新できます。このページでは、商品データベースのアップロード方法について説明します。

重要
既に登録されているデータと差異がない商品データは情報が更新されず、反映管理にも表示されません。

4種類のアップロードタイプ

アップロードの流れ

エラーが出たら
       ※説明動画をYouTube(外部サイト)にて公開しています。
  ※ストア運営ツールの仕様変更などにより、実際のツールと動画の内容が異なる場合がございます。

※本マニュアルおよび動画の掲載内容は、予告なく変更される場合があります。
※システム仕様に変更があった場合は、「ストアクリエイターPro」トップページでお知らせいたします。「ストアクリエイターPro」トップページを頻繁にご覧になることをおすすめいたします。

4種類のアップロードタイプ

アップロードタイプは、「上書き」「追加」「削除」「項目指定」の4種類です。

項目指定 アップロードするデータベースファイルに含まれる商品データの、指定したフィールドのみ、データの変更を行います。

重要
  • path、name、code、price、sale-priceの5つのフィールドは、入力必須項目です。ただし、すでに登録済みの商品情報を「項目指定」で更新する場合は、入力必須項目がcodeのみとなり、“code”と“更新が必要な項目”で更新が可能です。
  • 個別商品コード、オプション、プロダクトカテゴリ、スペック1~5のフィールドはセットで指定してください。セットで指定しないとエラーとなります。
  • 販売期間の開始日と終了日のフィールドはセットで指定してください。
    セットで指定しないとエラーとなります。
  • ストアエディタでは、小文字に揃えた際に同一コードとなるものが既存商品に存在している場合(例:「code1」と「CODE1」)該当商品はアップロードができない仕様となります。
    「追加」モードでアップロードするか、商品コードをエディタ上に出てる商品コードと同じコードに書き変えて「項目指定」モードでアップロードしてください。
お役立ち
たとえば、ある商品の価格のみを変更したい場合は、 code、price、の2つのフィールドのみのデータベースファイルを作成することで、上書きするよりも短時間で反映できます。
追加 ストア内に登録されている既存の商品に、アップロードした商品が追加されます。
なお、現在ストアに登録されている商品のデータがある場合は、更新情報が上書きされます。
フィールドを削除してデータをアップロードしますと、削除したフィールド部分のデータは削除されますので、登録されている商品データの一部項目のみを更新する場合は、項目指定アップロードをお使いください。フィールドが空の場合、商品データを削除します。

ポイント
  • 追加された商品データは該当カテゴリの末尾に登録されます
  • 一度にアップロードできるファイル容量の制限は100MBまでとなります
参照ツールマニュアル
商品・画像・在庫>商品管理  >>「商品一覧:商品の表示順序を変更する」
削除 アップロードするデータベースファイルに含まれる商品データをストア内から削除します。
削除時の商品データアップロードは、「商品コード」のみで実施可能です。
※パス(path)、商品名(name)、商品コード(code)、通常販売価格(price)を入力した場合も削除を行えます。

重要
商品を削除すると、「画像管理」の商品画像フォルダ内にある商品画像、商品詳細画像も削除されます。
参照ツールマニュアル
商品・画像・在庫>画像管理  >>「画像管理の概要」
上書き 現在ストア内に登録されている商品の情報はすべて削除され、アップロードされた商品データのみに入れ替わります。
万が一のために、上書き操作を行う前にバックアップデータを残しておくことを推奨します。

アップロードの流れ

手順1

「商品一覧」ページ
まず、アップロードする商品データベースファイル(CSV形式)を作成しておきます。
1回でアップロードできる件数は2万件までです。
参照ツールマニュアル
商品データベースファイルの作成
>>「商品データベースを作成する」
商品データベースファイルが作成できたら、ストアクリエイターProトップページ「商品・画像・在庫」の[商品管理]をクリックします。

左カラム「商品管理メニュー」の「商品データ」[アップロード]ボタンを押します。

手順2

「商品データアップロード」パネル
アップロードタイプを選択します。

「ファイル選択(CSV)」の[ファイルを選択]ボタンを押し、アップロードする商品データベースファイルを選択します。

選択後[アップロード]ボタンを押します。

お役立ち[バックアップ]ボタン
[バックアップ]ボタンを押すと商品データ(全項目)がCSV形式でダウンロードされます。
アップロードをおこなう前に、必ずバックアップを実施ください。
ポイントよくある間違い
「上書き」と「追加」の選択間違いにより、意図せず商品情報が削除されてしまうことがあります。
よくある間違い例として本ページよくある質問で図解をしていますので、ご確認ください。

手順3

「アップロード内容確認」ページ
アップロードタイプとデータ件数が表示されます。

確認後、[更新]ボタンを押すと商品データが更新されます。
アップロードファイル内にエラーが含まれている場合には、その一覧が表示されます。

お役立ち
「アップロード内容確認」ページが表示されない場合は、「アップロード履歴詳細」ページでデータの読み込みを行えます。
※アップロード日時から7日以内の最新の商品データベースファイルのみに限られます。
参照ツールマニュアル
商品・画像・在庫>商品データ登録
>>「商品データ:アップロード履歴」

エラーが出たら

「アップロード内容確認」ページ
商品データの内容に不備があると、「アップロード内容確認」ページでエラー件数とエラーを含む商品の一覧が表示されます。
エラー種別は次の2タイプです。

警告
商品データを修正せずにデータの更新を行うと、エラーを含んだ商品データは適宜補正されて登録されます。
エラー
商品データを修正せずにデータの更新を行うと、その商品のデータは登録されません。
重要
警告の表示されたデータをそのまま更新すると、ページが正しく表示がされない場合があります。
エラーが表示された場合は、一覧のエラー内容を参考にCSVファイルを修正し、再度アップロードしてください。

商品データを修正せずに、そのままデータを更新する場合は「アップロード内容確認」ページで[はい]ボタンを押します。

お役立ち編集者
「編集者」の欄には、アップロード作業をした方のYahoo! JAPANビジネスIDが表示されます。
よくある質問商品データをアップロードすると、オプションのフォーマットが無効と表示される
Q.商品管理で商品データベースファイルをアップロードしましたが、「Options エラー U-001-0022 オプションのフォーマットが無効です。」というエラーが表示されます
A.以下の原因が考えられます。

(1)オプションの入力形式が違う
(2)オプションの値と値の間に半角スペースが2つ以上ある

オプションの入力形式に関しては、マニュアル「商品データベースを作成する(オプションを設定する場合)」をご確認ください。
よくある質問商品データをアップロードしたら、商品情報が消えた
Q.商品管理で商品データベースファイルをアップロードしたら、登録されていた商品情報が削除されてしまいました。なぜですか。
A.アップロードの際、「アップロードタイプ」の選択を誤って指定した可能性があります。
「商品情報が消えてしまった!」という誤りの多くは「上書き」と「追加」の選択間違いが原因です。

価格変更や追加したいアイテム情報のみをファイルを作成した後、「上書き」を選択した場合と、「追加」を選択した場合、アップロード後に作成される商品情報(商品ページ)は異なります。

下記イメージをご確認のうえ、「上書き」、「追加」の選択を誤らないようご注意ください。

【例】
スカート/セーター/ソックス/パンツ の4商品を登録(公開)済み。
下記の情報更新を行ないたい場合。

・スカートの価格と特価を変更   (情報更新)
・パンツの価格を変更、特価を削除 (情報更新と削除)
・新たにブーツを登録


【「上書き」を選択した結果】
スカート、パンツ、ブーツの情報は更新されますが、
変更をしたくなかったセーター、ソックスが商品データベースから削除されます!
「全体の設定」ページ


【「追加」を選択した結果】 スカート、パンツ、ブーツの情報は更新され、 セーター、ソックスの商品情報はそのまま保持されます。

「全体の設定」ページ

商品・画像・在庫

よくある質問 素材集
本文はここまでです このページの先頭へ